不動産売却査定

中古マンションなどを売るときの査定をどんなかんじかといいますと、今住んでいるマンションなどを売却する際は、最初にその資産価値を評価するために、不動産の価格を査定することになります。ここで、査定といいますのは、その土地や建物が現在どれくらいの価値があるのかということを調査して評価をすることです。

 

土地は別として建物の場合は、だいたいが、新築した時点より価値が下がっていることの方が多く、年数と傷み具合などによって、補修等が必要であれば査定額に影響します。ところで、査定をするためには、不動産会社へ行って話をして一般的な価格を算出することもできますが、その不動産の状態を細かいところまで実際に見て査定すると実際に売却する価格を査定できるものです。不動産売却の査定は、どこで聞いても同じということではなく、その査定の確認のためにも、最低でも3社くらいの不動産業者に聞いた方が、損をしないためには確実です。

 

実際に何社かに聞いてみると不動産売却の査定の金額が違うことがわかると思います。なるべく多くの不動産屋から不動産売却の査定をしてもらい現在住んでいる家を高く買ってくれる業者やその他の条件面も含めて最も良いどころに不動産業者を決めるのがよいです。査定については過大な期待はしないように実際に査定をしてもらってみたたところ期待していたよりだいぶ安かったり中古マンションの評価額などは購入金額を考えると驚くほど安くなってしまっていて少し納得がいかないような気分になるかもしれません。